コンサルタント紹介

マネージャー/公認会計士

松永 知之

Tomoyuki Matsunaga

経歴

大手監査法人にて、建設業・製造業・情報通信業・食品メーカー・放送業・電力業・ゲームセンター運営会社などで、日本有数の大企業から非上場会社(会社法監査)まで、規模・業種とも幅広い分野において主に監査業務に従事。2013年に当社入社。

実績

入社後は、中小・ベンチャー企業をメインに上場会社まで幅広い業種において、M&A実行フェーズを中心に全般的に携わり、特に株式価値評価や財務DDにおいては、クロスボーダーなども含めた様々なケースでの経験が豊富です。
 
現在は、主にはM&Aの実行フェーズに従事していますが、戦略策定やPMIにおいてもご支援させていただいており、特に財務や細かい実務の部分では全般的にご担当させていただいています。
 
また、株式価値評価や財務DDには特に注力しており、対象会社や依頼主の上場・未上場の別や組織形態を問わず、かつ、全ての業種についてご担当させていただいています。

注力分野

株式価値評価、無形資産評価、買い手側での財務DD全般、売手側での財務DDや財務管理体制構築、財務面での事業計画策定支援(税務業務は対象外ですが、税務DD支援や相続税評価等も注力しています)

注力業種

製造業・情報通信業・不動産業・メディアエンタメ業・倉庫物流業

仕事に対する想い

M&Aはクライアントであるオーナーや経営者のみならず、従業員やその家族、取引先、地域やコミュニティなど全てのステークホルダーに影響を与える大きな意思決定です。
 
そのような大きな意思決定の一助となるべく、常にプロフェッショナルとして研鑽を重ねながら責任感をもって経営者様に寄り添うことができるように心掛けています。
 
特に、M&Aの過程の中では、アドバイザーとして会計税務のみならず多方面にわたる知識やスキルが求められるので、特にどん欲に勉強し続け、適切なアドバイスを行い、サービスのクオリティを維持・向上できるように心掛けています。

強く印象に残っているエピソード

すべての案件に対して想い入れを持って携わらせていただいておりますが、直近の案件ですと、グループ内での組織再編に始まり、最終的に海外企業との提携に至った案件が、約数年がかりで成立したものの、その間に紆余曲折があり、強く印象に残っています。
 
各当事者の思惑や複雑な取引、言語の壁など様々な制約がある中で、契約書に記載する条件交渉は困難を極めましたが、そんな中でも売主買主ともに本件を成功させたいという想いは一致していたので、最終的にはM&Aが無事制約し、その後の提携関係も良好に進んでいます。
 
無事にM&Aが成立した後に経営者様に「M&Aをして本当によかった」と言っていただけたときの喜びは何ものにも代えがたいものでした。

強く印象に残っているエピソード

経営者様へのメッセージ

事業承継を検討いただいている経営者様が長年の間息子のように育ててきた会社の引継ぎをするという大仕事のご支援をさせていただく機会に私たちは携わせていただいております。
そのような苦楽を経営者様と一緒になって乗り越えていくことは、本当にやりがいのある仕事であると思っております。
数年先の課題でありまだお考えがまとまっていない段階でも、実務的な細かなことでも構いませんので、ご相談いただけますと幸いです。

担当した事例

他のコンサルタント

まずは無料でご相談ください

アドバンストアイには大手上場企業から、中堅企業、小規模企業まで、さまざまな売上規模の会社のM&Aを手がけてきました。
まずはお気軽にご相談ください。