コンサルタント紹介

シニアコンサルタント

田中 類

Rui Tanaka

経歴

証券会社にてリテール営業担当、2015年当社入社。

実績

M&A(売却・買収)のプロセス全般的に従事しています。これまで製造業全般、サービス業、メディア関連、金融業など幅広い業種に携わってきました。
M&Aのプロセスでは、特にクライアントの皆様の事業やM&Aに対する思いに対して深く理解するように努めると共に、相手先の発掘に注力しています。クライアントファーストの精神で常に笑顔を忘れず皆様に寄り添い、皆様の事業の発展に貢献するために最善を尽くします。

注力分野

・事業承継、中堅・ベンチャー企業の成長に向けたM&A(売却)における相手先の発掘・実行
・上場会社のM&A(買収)における相手先の発掘・実行

注力業種

製造業全般、サービス全般、商社・卸売・メディア関連

仕事に対する想い

M&Aはしばし結婚に例えられますが、価格や処遇といった条件面だけではなく、相手先と結婚して経営者にとって、また従業員にとってどのようなメリットが生じるのかを常に考えプロセスを進めるようにしています。
例えば、少しでも相手先に不信感・違和感があった場合は、プロセスが佳境に入っていたとしてもクライアントには正直に感じた異変を伝え、時にはプロセスの中断や保留のアドバイスをすることもあります。

成約した場合には、決して安くはない報酬を頂戴するわけですから、失敗は許されません。常に緊張感を持って最善のアドバイスをするよう心掛け、クライアントファーストの精神で業務に取り組んでいます。また、クライアントが相手先との最終契約を目前にした段においては、必ずそれまでのプロセスを見つめる時間を取るようにし、クライアントの相手が本当にベストな先なのかを考えるようにしています。

強く印象に残っているエピソード

強く印象に残っているエピソード

数年前に売手のFAとしてご支援させていただいた金融サービス会社(A社)が強く印象的です。
従業員10名程度、アットホームな職場であり、財務内容も安定的な会社でしたが、社長が高齢で後継者不在であることから売却のご相談に見え、プロセスを開始しました。売却にあたってのA社の条件は複数ありましたが、従業員の雇用継続・雇用条件の維持を第一とし、同業他社へのアプローチを進めました。
しかし、A社の業界では、契約だけを譲渡して従業員は引き取らないケースが多いことが発覚、戦略を少し変え、複雑な金融商品への理解力、事務力といったA社従業員のスキルをアピールポイントとし、結果的に従業員全員雇用を条件に大手商社グループ(B社)と成約しました。
現在でも、たまにA社社長と連絡を取り合っているのですが、A社従業員のスキルが高く評価され、B社の中で埋もれることもなくイキイキと働いていらっしゃるようです。まさにFA冥利に尽きるプロジェクトでした。

経営者様へのメッセージ

M&Aサービスは仲介と助言に大別されますが、中堅・中小企業をメインに助言サービスを提供している会社は数少ないと思われます。弊社は創業以来、助言サービスを提供しており、この分野での豊富な知見・ノウハウを有していると自負しています。
M&Aをご検討されるにあたり、是非、仲介だけではなく助言の会社にもご相談し、それぞれのメリット・デメリットを比較してみてはいかがでしょうか。その上で、ご縁があれば是非ご支援させていただければと思っております。

担当した事例

他のコンサルタント

まずは無料でご相談ください

アドバンストアイには大手上場企業から、中堅企業、小規模企業まで、さまざまな売上規模の会社のM&Aを手がけてきました。
まずはお気軽にご相談ください。