RECRUIT

仕事内容

シニアコンサルタント

田中 類

入社:2015年 前職:証券会社

証券会社から転職した理由

前職では証券会社で個人投資家の方に向けて株式や債券、投資信託等の金融商品を販売するリテール営業に従事していました。

アドバンストアイに転職をしたのは、この会社であればお客様のために働くことができると面接時に確信したからです。
正直にいうと、私が前職を退職した理由は、お客様のために働くのではなく、手数料を稼ぐためだけに働いていたことに違和感があったからでした。
もちろん会社に勤めている以上、収益が重要であるのは当然のことです。
しかし手数料を稼ぐために、合理的ではないと思われるような取引を日々行っていたことに疑問を感じていました。

そのため、お客様のために働きながらしっかりと手数料を頂戴することを軸として転職活動をしていたところ、アドバンストアイに巡り合いました。

最終面接では、当社代表の岡本に転職活動した理由を正直に伝えたところ、「君の感じた疑問は当社では感じない」と言われ、入社を即断・即決しました。
実際にアドバンストアイで働き、約6年が経ちましたが、本当にお客様のために日々汗をかいており、入社後のギャップは一切感じていません。

その理由は、アドバンストアイはM&A取引における仲介手数料をいただく業務ではなく、売主、買主側、どちらかと契約をしてM&A交渉を行うM&A会社だからです。

経営者様から信頼を得るために

現在は営業に関する全般的な業務を行うと同時に、M&Aに関わる全てのプロセスに携わっています。
例えば売主様のフィナンシャル・アドバイザー(FA)を担当させていただく場合、買主候補先のリスト作成→企業概要資料作成→買主候補先へのコンタクト→買主候補先からのデューディリジェンス(詳細調査)対応→クロージングに至るまで、社内の公認会計士と連携しながらM&A成立に向けて進めます。

とくに私が大切にしていることは、経営者様との向き合い方です。
経営者様とお話をする際、当然M&A全般に関してアドバイスをする場面もありますし、また、その会社や業界知識がないと会話が成り立ちません。コミュニケーション能力のほかに、業界ごとの専門知識もときに必要となります。

そのため、その会社が属する業界の本を読んだり、M&Aに関連する会計や法律の勉強も日々欠かせません。
もちろん知識だけでは経営者様の信頼をいただくことは不可欠ですから、雑談力を磨くためにニュースは日々欠かさずチェックしたりと、とにかく経営者様からの信頼を得るために日々勉強しています。

ある日のスケジュール

田中

9:00

出社。まずはメールのチェックを行い、一日のスケジュールを確認。
売主のFAとして買手と交渉中のpj-A、買主のFAとして売手発掘アプローチ中のpj-B、売却に向けて準備中のpj-Cのそれぞれの進捗を確認。

【 pj-A】
午後の打合せで使用する売却条件をまとめた資料を作成。
当方要望に対する買手よりのカウンター案も想定しつつ、想定問答も同時に検討。

田中

09:30

【pj-B】
当社独自開発システムを用いて選定した売手候補先に対してコールドコール。
売手候補先ごとにホームページの内容を確認しつつ、想定されるシナジーを経営者にプレゼン。5社コールドコールのうち1社との面談が決定。次週アポイント。

その後、昼食。昼食は神田界隈によく行きますが、安くて美味しい店がたくさんあるのでひそかな楽しみ。

田中

13:00

【 pj-A】
午後のスタートは買手とのセッションから。
事前に準備した要望書をもとに交渉。買手からのカウンター案も事前に想定していた内容だったため、スムーズに交渉を進めることができた。
買手より譲れないポイントの打診を受け、検討する方向へ。

セッション終了後は、すぐにクライアント(売手)に報告。買手の譲れないポイント、それに対する当社の折衷案を説明。クライアントより、当社案で進めてほしいとの依頼を受ける。

【 pj-C】
その後は、pj-Cのための業界動向及び現行期の顧客別売上高、全体の損益をもとに、複数の事業計画案を策定したのち、社内セッション。

アドバンストアイの魅力とは?

アドバンストアイの魅力は、まずM&Aのプロセスに一貫して携わることができることだと思います。他社では、お客様担当窓口と、実際のM&Aに進んだ場合に、候補先と交渉するコンサルタントが明確に分かれている会社が多いと聞きます。

一方アドバンストアイでは、そのような切り分けは行っていません。もちろん企業価値の算定や、デューディリジェンス(詳細調査)といった専門的な部分は社内の会計士・税理士が担当しますが、基本的にM&Aの全てのプロセスに携わることができます。

また、経営に関する全般的な知識を吸収することができるのも魅力です。会計、法律はもちろんのこと、契約書作成のポイント、銀行との交渉など実務で経営に関するあらゆることを経験、吸収することができます。

アドバンストアイはM&Aのプロセスに一貫して携わることができるので、M&Aの醍醐味をダイレクトに感じることができます。そして、クライアントが良き相手企業に巡り合い喜んでいただけたとき、ともに伴走した者として、この仕事に就いてよかったと喜びを感じる瞬間です。

田中

contactご応募はこちらから

まずは無料でご相談ください

アドバンストアイには大手上場企業から、中堅企業、小規模企業まで、さまざまな売上規模の会社のM&Aを手がけてきました。
まずはお気軽にご相談ください。