RECRUIT

仕事内容

マネージャー/公認会計士

松永 知之

入社:2013年 前職:監査法人

監査法人から転職した理由

前職の大手監査法人では、主に監査業務(財務諸表監査、内部統制監査)を行っていました。
製造業、情報通信業等を中心に、日本有数の大企業から非上場会社(会社法監査)のクライアントまで、業種や規模も様々な会社に携わっていました。

監査法人に所属していた頃は、会計的なテクニカルな業務が多く、それ以外の税務や会社法、経営全般に携わる業務を経験できる機会があまり多くなく、さらに自身の知見を広めるためにアドバンストアイに転職をしました。

現在は、売主様(もしくは買主様)のフィナンシャルアドバイザーを担当、候補先の選定~DD対応(レポート作成)~バリュエーション~クロージング~PMIまでのM&Aプロセス全般を行っています。

クライアントのための最適解を見つける

M&Aの場面においては、クライアントやM&A対象会社や候補先等の代表者や従業員の方など、多くの関係者が携わります。
時として様々な利害が対立する場面も多々あり、クライアント目線での最適解を見つけることに苦労することもあります。

しかし、M&Aが成立したときにクライアントから感謝されたり、DDやバリュエーション等を行った結果クライアントの意思決定プロセスでの有益な情報を提供できたときにはやりがいを感じます。

ある日のスケジュール

松永

9:00

メール確認、資料準備等

日中は打ち合わせが多いので、この時間でメールや1日のTodoやスケジュールなどの確認をしたりします。

また、資料作成や打合せに向けて、資料の準備や情報収集等も行います。

松永

10:00

レポート等作成、内部打合せなど

DDや企業価値評価などに関して、データの収集や分析を行い、各種計算や報告書の作成などを行います。

個別の内容について社内メンバーと内部打合せなどを頻繁に行い、情報共有の上、あらゆる観点を基に、最終的な資料を作成していきます。

松永

14:00

クライアントとの打ち合わせ

クライアントの代表者や主要役員へのインタビューなどを行います。
オンラインで弁護士などの外部専門家の参加者も交え、M&Aプロセス全般や会計・税務・法務などあらゆる観点からのご質問に即座に対応するよう心がけています。

アドバンストアイの魅力とは?

アドバンストアイは、M&Aのプロセスすべてに携わることで、様々な業務を経験でき、さらにクライアントとの距離の近さから感謝される(時には叱咤される)場面を経験することができます。
また、社内メンバーとの距離の近さからの風通しの良さもあることから、人間的に成長できると思います。

中堅・中小企業から大企業まで様々なクライアントがあり、お客様や諸先輩方から多くのことを学べる環境です。

また、ときに厳しいこともありますが、基本的にみなさん優しく、理不尽なことはほとんどありません。
成長したいのに伸び悩んでいると感じる方にはとても良い環境だと思います。

松永

contactご応募はこちらから

まずは無料でご相談ください

アドバンストアイには大手上場企業から、中堅企業、小規模企業まで、さまざまな売上規模の会社のM&Aを手がけてきました。
まずはお気軽にご相談ください。