会社を売却するメリットと注意すべきポイント

業績は好調なのに後継者がいない場合など、M&Aで会社を第三者に売却することで解決することができます。
 
ここでは会社を売却するかどうかを判断するために、M&Aで会社を売却するメリットや注意すべきポイントをまとめました。

M&Aで会社を第三者に売却するメリット

M&Aで会社を第三者に売却することの最大のメリットは、経営者が心血を注いできた会社の事業を継続できることです。
 
たとえば業績は好調なのに、後継者がいないという理由だけで廃業をしてしまったら、従業員は職を失い、再就職の難しい年代の社員や家族は露頭に迷いかねません。また取引先への影響、地域経済にも影響を及ぼす可能性もあります。
 
会社売却で上場企業や大手企業の傘下に入ることができたら、資金調達がしやすくなり財務内容が強化され、より一層事業が成長する可能性もあるといったメリットもあります。
 
経営者にとっては、会社を売却したことによる売却代金を手にすることができたり、会社の借入に対する個人保証が解除されたりといった経済的メリットもあります。

M&Aで会社を売却するメリット
  • 従業員の雇用維持
    従業員の雇用維持、取引先との取引維持が期待できる
  • 創業者利益
    株式売却による創業者利益の実現
  • 個人保証の解除
    会社の借入に対する個人保証が解除される
  • 企業基盤の強化
    大手企業や上場企業の傘下に入ると、資金調達等を行いやすくなる
  • 後継者の相続税問題の回避
    事業承継に伴う後継者の相続税の負担を回避することができる

金銭的メリットなら、親族内承継よりもM&Aで会社売却が有利

息子などへの親族内承継は、贈与税や相続税などの税金のことを考えると、M&Aで第三者に会社を売却したほうが金銭的メリットがあります。
 
たとえば、7億円の価値がある会社を親族内承継した場合とM&Aで会社を売却した場合を比較してみましょう。

親族内承継の場合
  • 金額:7億円分の株式を後継者に贈与
  • 税金:7億円×55%(贈与税)
  • 後継者には約4億円の納税が発生
M&Aで会社を売却した場合
  • 金額:10億円で第三者に売却
    ※のれん代などで企業の付加価値により時価総額より高く売却できるケースが多い
  • 税金:10億円×20%(所得税等)
  • 経営者は8億円の現金を得る

※会社を売却した場合の税金は正しくは20.315%(所得税15.315%+住民税5%)になります。ここでは20%で計算しています。

親族内承継をした後継者は会社を得ることはできますが、約4億円の税金を払わなければなりません。
 
金銭的メリットを重視するのであれば、親族内承継よりもM&Aで会社を売却したほうが有利になるといえます。

会社が赤字でも…高く評価される場合もある

M&Aでは、売手会社のどんな部分が買手側に評価されるかはさまざまです。
 
利益や業績が伸びていたり、預金や不動産といった資産が評価されて会社の売却価格に組み込まれるのは当然ですが、数字面が赤字であったとしても、売手会社の事業のなかに買手側のニーズがあれば、高く評価される場合もあります。
 
以下のような、買手会社のニーズと合致すれば、たとえ会社が赤字であったとしても高く評価されることもあります。

会社の評価ポイント
  • 取引先:買手会社が欲しがる「魅力的な取引先」を持っているか?
  • 顧客リスト:価値のある顧客リストを持っているか?
  • 従業員:スキルは?定着率は?賃金は?
  • シェア:ニッチでも高いシェアを持っているか?
  • 特許・技術:他社にはない「技術的な長所」があるか?
  • 特定の~:特定の地域、世代、商品に強い
  • 経営者:買手会社は「企業風土が合うか?」も見る

M&Aで会社を売却するときの注意点

M&Aで会社を売却するためには、買手会社が見つからなければ成立しません。また最終の売買契約を交わすまで、さまざまなプロセスを経て準備をする必要があります。
 
売却が成立するまでの過程のなかでは、買手会社を探すのに時間がかかることもありますし、買手会社が見つかったとしても、両社の希望条件や金額が合意できるまで何度も交渉を重ねることになります。
 
ですから、M&Aで会社を売却する場合、余裕を持って売却の準備を進めるために、取り組む時期は早ければ早いほどいいと言えます。

M&Aで会社を売却するときの注意点
  • 買手会社探しに時間がかかることがある
  • 売却条件や金額が希望通りにならないこともある
  • 買手会社との交渉で心理的負担がある
  • 最終契約するまで情報漏洩しないよう細心の注意が必要
  • 企業の条件や金額で売却するためには“磨き上げ”などの入念な準備が必要

M&Aで会社を売却するとき、メリットもありますが、注意すべき点もさまざまあるので、よく検討した上で判断することが望ましいです。

お気軽にご相談ください。

会社売却が決まっていない場合でも問題ありません。

また、正式に契約をするまで費用は一切頂きませんのでお気軽にご相談ください。

業界のトレンドなども踏まえて具体的なイメージをお伝えします。

 

03-6225-2880

受付時間│平日9:00~18:00

売却価格を60秒でシミュレーション基本的な財務情報を入力すると、WEB上で会社の売却価格を自動で算定します。
各業界の動向や調査統計情報、株式市場、M&A市場の動向を総合して
売却価格を計算します。

最新のコラム

まずは無料でご相談ください

アドバンストアイには大手上場企業から、中堅企業、小規模企業まで、さまざまな売上規模の会社のM&Aを手がけてきました。
まずはお気軽にご相談ください。