財務・事業を強化する売却戦略でM&Aを成功に導きます。

「準備次第で会社の値段はガラリと変わる」
M&A支援に長年携わってきたからこそ提供できるサービスです。

売却戦略策定サービス(会社の磨き上げ)

多くのM&Aを支援してきた売却ノウハウで
あなたの会社を高く売却します。

“磨き上げ”で“会社の値段”はガラリと変わる

買い手と交渉をはじめる前に「財務や事業に問題や課題はないか」「決算書の数字には表れない会社の強みはないか」など、会社をあらゆる方向から分析して、会社の価値を最大化することをM&Aでは“磨き上げ”といいます。

この“磨き上げ”を実施することで、売却先の候補が増えたり、売却価格や条件を交渉しやすくなります。

ただし“磨き上げ”は、すべてのM&A会社が提供できるわけではありません。大手や上場会社から中小・中堅会社と規模を問わず多くのM&A支援、経験に基づいたノウハウがあるアドバンストアイだからこそ提供できるサービスです。

ノウハウ1)取引先をチェックする

大手や上場会社、優良会社と直接取引をしている場合、会社の強みになることがあります。

それは、新たに取引口座を開く労力やコストをかけるよりも、すでに信頼関係が構築されている会社を買収したほうが、買い手は早くビジネスを展開することができるからです。

 優良会社を取引先として持つ会社は強い

ノウハウ2)顧客をチェックする

顧客リストが会社の強みになるのは、主にBtoCの事業になります。このとき、注意したいポイントが「不特定多数の一般顧客」の場合です。いくら顧客の人数が多くても、ただそれだけではM&Aでは価値を見出すことはできません。

不特定多数の一般顧客の場合、顧客層を細分化することで会社の強みを発見することができます。

 高額の商品を継続して購入する顧客を持つ会社は強い

ノウハウ3)従業員をチェックする

M&Aでは、従業員の業務知識や業務経験を高く評価されるケースが多くあります。

単純に何人の従業員がいて、どのような仕事をしているかだけではなく、個人や各ユニットがたどってきた遍歴が評価されることがあります。この場合、従業員の平均年齢が高くてもマイナスの材料にはなりません。

 豊富な業務知識や高い専門性を持つ従業員のいる会社は強い

ノウハウ4)シェアをチェックする

市場シェアは、会社の価値をかなり左右する重要な要因です。ニッチなマーケットだったとしても、トップシェアの実績があれば、赤字の場合でもすぐに会社を売却することができます。

この場合、買い手に明確に伝えることができるように数値化することが大切です。

 小さくてもトップシェアを誇る会社は強い

ノウハウ5)特許・技術・情報をチェックする

「過去に何を作ってきたか、それはどんな技術なのか」特徴的な特許や技術、ノウハウを買い手に、わかりやすく伝えることができるように整理しておくと有効です。

ただし、特許に関しては注意が必要です。特許を取得しただけでは、経済的価値に結びつく要因にならないからです。特許の価値が評価される場合は、その特許が「確実に利益を生む」という根拠があるときだけになります。

 小さくてもトップシェアを誇る会社は強い

“見えない価値”を発見することで、さらに会社を高く売ることができる

M&Aの現場では会社のどんな部分が評価されるかはさまざまです。

実際に目に見える利益が上がっていたり預金や不動産といった資産があれば、それが評価されて会社の値段に組み込まれるのは当然ですが、決算書の数字では表れない目に見えない会社の価値が、買い手会社に評価されることがあります。

財務や事業などあらゆる方向から会社の強みを発見する“磨き上げ”は、長年M&A支援に携わってきたアドバンストアイだからこそ提供できるサービスです。まずはお気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください。

具体的な費用や経営課題の相談については、無料相談でお話をお聞かせいただければ、業界のトレンドなども踏まえて具体的なイメージをお伝えします。

無料相談する

03-6225-2880

受付時間│平日9:00~18:00

無料相談を受け付けています。まずはお気軽にご相談ください。(秘密厳守)
電話で相談する
03-6225-2880
受付時間│平日9:00~18:00

弊社関連の出版物

弊社関連の出版物

ダイヤモンド社より『あなたの会社は高く売れます 決定版・小さな会社のM&A』が出版されました。第三者へ会社を売却するとき、M&Aのプロセスに入る前にやっておくべきこと、事例などをご紹介しています。