相談無料・秘密厳守。お気軽にご相談ください。受付時間:9時~18時(土日祝除く)

M&Aの基礎知識「事業承継とは?」

事業承継とは?

事業承継とは会社の経営を後継者にバトンタッチすることを総称して言っています。
多くの場合、会社の発行する株式の大半を、現在の株主から後継者に譲渡し、役員も現在の方々から後継者に変更するということを意味します。これまで、中小企業のほとんどは親族に事業の承継を行っていましたが、最近では第三者にバトンタッチするケースが増えてきています。
誰にバトンタッチするかによって、来るべきタイミングに向けての準備が大きく異なってきます。例えば、親族への承継の場合、会社の株式の評価は低く抑えたいと思うでしょう。一方、第三者に株式を譲渡する場合には、できれば高く売りたいと思うのが自然に思えます。それらの違いをとってみても、準備すべき事項は逆方向であり、その準備は決して一朝一夕にできるものではありません。「誰に」「いつ」「どのように」事業承継を行うのか、早めに計画をたて、準備してゆくことが大切です。

親族への承継

メリット

  • 従業員や取引先、銀行など、関係者の理解、支援を得やすい
  • 早期に後継者を決定すれば、長期的な後継者教育や承継準備が可能
  • 財産や株式が分散しない

デメリット

  • 経営者としての能力や適性が不足している後継者の場合がある
  • 従業員のモチベーションが上がらない場合がある
  • 後継者以外の親族との間で遺産問題が生じる可能性がある

第三者へのM&Aによる承継

メリット

  • 広く後継の経営者を外部に求めることができる
  • 買手は売手より規模が大きいことが多いので、販売の拡大や財務の安定等が期待される
  • 現在の株主が株式売却の利益を実現できる

デメリット

  • 希望の条件を満たす売却先を見つけ交渉をまとめることは簡単ではない
  • 従業員や取引先に不安が生じる場合がある

会社や事業の譲渡は、譲渡の手順や情報の開示の方法を誤ると、M&Aが失敗に終わってしまうばかりか、会社の評判を落とす可能性もあります。風評被害を防ぎ、有望な譲渡先と有利な交渉を進めるためには、M&Aの専門家の助言(アドバイス)が不可欠です。

事業承継の実績例はこちら

M&Aの基礎知識「買収とは?」