アドバンストアイ M&A支援サービスの特長

M&Aは経営分析、法律、会計など幅広い分野の知識が必要です。
経験豊富なコンサルタントがM&A成功に向けて支援します。

アドバンストアイM&A支援サービスの特長

大手・上場会社から中小・中堅会社まで
アドバイザリーサービスを提供する国内でも数少ないM&A会社です。

“アドバイザリー会社”と“仲介会社”の違いとは?

M&Aを支援する会社は、アドバイザリー会社と仲介会社の2つのタイプがあります。アドバイザリー会社は、売り手か買い手のどちらかの会社と契約をして目的に合わせてM&A支援をします。一方仲介会社は、売り手と買い手の双方と契約をしてマッチングをします。

大手や上場会社の場合は銀行や証券会社とアドバイザリー契約をしますが、中小・中堅会社の場合は仲介会社と契約をするケースがほとんどです。

しかし、売り手と買い手を仲介するということは、利益相反*する双方の代理を務めることになり、一方が利益を得て、もう一方は利益を得られないというケースもあります。

*利益相反とは?
一方の利益になると同時に、他方への不利益になる行為。M&Aにおいて仲介の場合は、売り手側が弱い立場になることも多く、納得できない条件や金額で会社を売却してしまう等の問題が急増しています。

M&Aの仲介サービスには“利益相反”という問題がある

中小・中堅会社が仲介会社にM&Aを依頼するのは、費用の問題やM&A成立までの期間が限られている等の理由がありますが、中小・中堅会社のM&Aに対応するアドバイザリー会社が少ないことも理由にあります。

「売り手は高く、買い手は安く」M&Aを成立させたいはずです。依頼者の利益に最大限に貢献するため、アドバンストアイは創業から一貫して、仲介ではなくアドバイザリーサービスを提供しています。

売り手も買い手も、関係したすべての人と会社が満足する
“M&Aアドバイザリーサービス”をお届けします

大手や上場会社であっても、中堅・中小会社であっても、M&Aは非常に重い決断を迫られます。とくに会社を売る場合は人生最大の意思決定になると思います。

アドバンストアイが仲介ではなく、アドバイザリーサービスを提供しているのは、依頼者の立場で「思い描く未来は本当に依頼者のためか」「取引条件や価格は本当に適切か」「もっと良い候補先はないか」など、徹底的に議論を尽くして共有することが、M&A成立後の事業の融合や成長につながると確信しているからです。

大手や上場会社に評価いただいているアドバンストアイのアドバイザリーサービスを、中小・中堅会社の皆様にも同等以上の品質、適切な価格で提供することで、売り手側も買い手側も、心から納得できる結果、関係したすべての人と会社が満足できるM&Aサービスを目指しています。

お気軽にご相談ください。

具体的な費用や経営課題の相談については、無料相談でお話をお聞かせいただければ、業界のトレンドなども踏まえて具体的なイメージをお伝えします。

無料相談する

03-6225-2880

受付時間│平日9:00~18:00

無料相談を受け付けています。まずはお気軽にご相談ください。(秘密厳守)
電話で相談する
03-6225-2880
受付時間│平日9:00~18:00

弊社関連の出版物

弊社関連の出版物

ダイヤモンド社より『あなたの会社は高く売れます 決定版・小さな会社のM&A』が出版されました。第三者へ会社を売却するとき、M&Aのプロセスに入る前にやっておくべきこと、事例などをご紹介しています。