より良い譲渡条件を得るために ~事業の「磨き上げ」を実行~

中小企業のM&Aの助言(アドバイザー)サービスに長年特化してきた当社ならではの事業の「磨き上げ」を実行することにより、企業価値の最大化を図ります。

高く売るために企業価値を最大に
~会社を事前の「磨き上げ」を行った上で最良条件を獲得~

会社を高く売るためには、必要な要素がいくつかあります。

まず、最も重要なことは、M&A業者が助言であることです。助言は依頼主の利益の最大化に努めますので、売り手と買い手の間に入っての安易な妥協は行いません。

例えば、仲介の場合、反復して会社を買収してもらっている重要顧客に自然と有利な取引条件になりがちだといわれていますが、助言の場合、徹底的に相手と交渉する立場であるため、このような心配は起こりません。

次に、売り手の会社(事業)を深く理解し、財務諸表に現れていない価値を見出し表現する能力です。と同時に、M&Aに向けて会社を身綺麗に整備するということも、大手企業を候補先に入れるためには重要です。

これらの作業を「磨き上げ」といいますが、この「磨き上げ」をしっかりとできているかが、候補先の選択肢を広げたり、M&Aの成否を左右することは少なくありません。

繰り返しとなりますが、「磨き上げ」とは、円滑なM&Aの遂行、より良い譲渡条件を獲得するために、買い手企業と交渉をはじめる前に、売り手企業(事業)の問題点を調査・認識して対応策を策定、実行することです。

会社を売却する場合、M&Aに進む前に、M&Aを阻害する要因はないかを調査して、解決策を策定します。

例えば、オーナーとの公私混同取引はないか、無用な不採算事業はないか、過去の資本取引は適正に処理されているか、会計や税務処理は適切になされているか、業績管理は適時適切になされているか、事業に必要な資産が不安定な状況にないか、取引先との重要な契約は締結されているか、労務管理は適切になされているか等について、様々な観点から問題点の有無を確認します。

また同時に、会社の価値を高める施策がないかを分析して、会社の価値の見える化にはじまり、実際の収益改善策の策定も実施します。

例えば、思わぬ知的財産権はないか、顧客や取引先に特定の価値が見いだせないか、不採算事業や不要資産の処理によって利益率や資産効率の向上が見込めないか等について洗い出し、買い手が魅力を感じるように情報を整備します。また、これらの可能性を踏まえて、事業計画を策定することもあります。

中小企業のM&Aにおいては、多くの場合、買い手が大手企業や上場企業となることがあり、しっかりと「磨き上げ」を行わないと、纏まらなかったり、非常に厳しい評価に晒されることも少なくありません。

大手企業から中小企業まで、助言(アドバイザー)サービスに長年特化してきた当社ならではの「磨き上げ」実行によって、多くの中小企業が思わぬ大企業への事業承継の実現や、想定を大きく超えた譲渡条件でのM&A成立へと繋げています。

人生をかけて育ててきた会社の価値を余すところなく我々が発掘し、その価値を更に事業化できる相手への交渉の実現こそが一生に一度しかない事業承継には不可欠だと考え、当社は会社の磨き上げに取り組んでいます。

無料相談を受け付けています。まずはお気軽にご相談ください。(秘密厳守)
電話で相談する
03-6225-2880
受付時間│平日9:00~18:00