トップメッセージ

トップメッセージ

代表取締役社長岡本 行生

顧客企業のために尽くす、それが私たちの仕事です

私たちの仕事は、弁護士や医師のように、輝かしい資格で裏付けされたものでなく、また、世界的な投資銀行のようなブランドも今はありません。そして、個人やチームの実績が華々しくアピールされるファンドマネージャーのような輝きも一見ありません。

顧客企業の喜びだけ。ただそれだけのために、縁の下の力持ちとなり、高い資本の規律と倫理観をもって、企業のために尽くす。そんな企業でありたいと思います。

私たちの仕事は、M&Aアドバイザーです。当社では、売り手と買い手の双方と契約する仲介という形式ではなく、どちらか一方を依頼者とする助言(アドバイザリー)という形式に拘って臨んでいます。

それは、ひとえに、M&Aにおいて、最良の相手を見つけ出し、顧客企業の事業の安定的な成長を実現するためには、徹底的に依頼者の利益を考え抜き、誠実に交渉を重ねなければならないと信じているからです。

M&Aの交渉は、どれだけの愛情と熱意を注ぐことができるかに尽きる

M&Aには企業経営に関する全ての要素が凝縮されています。例えば、中小企業の事業承継M&Aにおいて、後継者不在に悩むオーナー経営者の依頼を受け、最良の承継先を探し出し、交渉し、纏め上げる、という仕事を全うする場合、まず、依頼者の事業の理解を徹底的に行わなければなりません。

属している業界、競合他社、川上川下の会社、異業種からの参入の可能性、法制度の変更による競争原理の変化の可能性等の市場分析に始まり、依頼者の会社独自の強み弱みについて、よくある経営学書に書かれていることに留まらず、実際にサービスを利用したり、お客様の声に耳を傾けたりしながら、本当の競争の源泉を見つけ出すことも必要です。

また、M&Aを円滑に進めるためには、改善しなければならない経営事項について、依頼者に理解してもらわなければなりません。候補先との交渉においては、利害が衝突する場面では、依頼者の実力を理解してもらうために、粘り強く交渉したり、時には相手の感情を揺さぶることも必要な場合もあります。

つまるところ、依頼者の事業に、どれだけの愛情と熱意が注げるか、人間と人間の交渉においては、月並みではありますが、そこに尽きると言って過言ではありません。

小さな会社だからこそ、M&Aすべてのプロセスに携わることができる

私たちは小さな会社ですが、小さな会社だからこそ、M&Aのすべてのプロセスに携わることができます。そのことは、投資銀行業務の全般的なノウハウを学ぶことができることに留まらず、人間を磨く、ということに繋がると思っています。私たちのお客様は、中小企業やベンチャー企業から、上場企業や世界的な大企業まで広がっています。

仲介ではなく、助言という概念を中小企業のM&A市場に広げることに挑戦する

繰り返しになりますが、私たちは、日本のM&A市場において、特に中小企業を対象会社としたM&Aにおいて、現在主流となっている仲介という形式ではなく、売り手、若しくは、買い手の一方の当事者のためだけに働くという助言という形式に拘り、日々、案件に臨んでいます。

中小企業の経営者にとって、大企業や上場企業にとっては標準的なサービスである助言という選択肢を示すことは、中小企業にとって大きく意味のあることであり、結果として、わが子のように大切に育んできた事業の安定成長に繋がるM&Aの実現に繋がると信じています。

私たち自身も、助言という概念を中小企業のM&A市場に広げられるかどうか、立ち向かっている中小企業であり、ベンチャー企業です。クライアント企業の成長を心から思い、そのためだけに最善を尽くす。その結果、お客様と共に泣き笑い自らも成長してゆくことに対して、人生の価値を見出せるなら、私たちと一緒にM&Aアドバイザーとして立ち向かってみませんか。

無料相談を受け付けています。まずはお気軽にご相談ください。(秘密厳守)
電話で相談する
03-6225-2880
受付時間│平日9:00~18:00