相談無料・秘密厳守。お気軽にご相談ください。受付時間:9時~18時(土日祝除く)

M&Aの基礎知識「買収とは?」

買収とは?

M&Aにおける買収とは、他社の事業を、金銭を支払って、買受けることを意味します。
買受ける対象は、その事業を営む会社の株式を買受ける場合、事業そのものを買受ける場合、その事業に属する重要な資産を買い取る場合があります。また、対価の支払方法としては、金銭によるケースが大半ですが、買手の発行する株式であったり、不動産である場合もあります。

株式の譲り受けによる買収のケース

メリット

ほとんどの場合、対象となる会社の事業を、取引先との契約条件や従業員の雇用条件等をそのままの状態で傘下にいれることができます。

デメリット

しっかりとした事前調査や交渉を行っていないと、傘下に入れた会社の事業から、思いもよらぬ損害が生じることがあります。例えば、過去に販売した製品が、買収後に、異常が発覚し、お客様に損害賠償を行わなければならなくなったり、経理財務部が把握していない簿外の負債が後々発覚したりということがあります。

事業そのものの譲り受けのケース

メリット

買収する事業において、必要なものや従業員、契約を特定し、譲り受けることが原則可能なので、株式の譲り受けによる買収のデメリット事項に記載されているような、買収時に顕在化していないリスクを最小限に抑えることができます。

デメリット

買受ける対象として特定した各種契約については、改めて取引先や従業員と買手との間で新規に締結しなければならないため、事業状態が毀損する可能性が株式の譲り受けによるケースに比べて高くなります。

M&Aの基礎知識「企業価値の向上とは?」