相談無料・秘密厳守。お気軽にご相談ください。受付時間:9時~18時(土日祝除く)

M&A用語集

フィナンシャル・アドバイザリー・サービス
M&Aアドバイザリーサービス、財務デュー・デリジェンス、企業価値評価、企業再編支援など、企業価値向上のための経営戦略をサポートするサービス
M&A
直訳すると、合併および買収。企業や事業の経営権を、外部から取得または、外部に譲渡すること。
中堅中小企業においては、事業承継問題対策としても近年、注目されています。
M&Aアドバイザー
M&Aのプロセスにおいて、買い手・売り手にアドバイスをする専門家、専門会社をいいます。
M&Aのスケジュールコントロール、買い手・売り手の調査、必要書類・契約書作成のアドバイス等を実施します。ただし、中小企業では仲介という形が一般的ですが、わたしたちは売手、買手どちらか一方の代理人として最善をつくします。
M&A仲介会社
売手・買手どちらか一方の代理人としてアドバイスを行うM&Aアドバイザリーとは異なり、中立の立場で、買手・売手の双方に対してアドバイスを行う会社をいいます。
事業譲渡
事業譲渡とは、M&Aの手法の一つで、事業部の売却等の際になどに用いられます。事業譲渡契約により、引き継ぐ資産と債務を確定するので、簿外債務を引き継ぐリスクはないが、従業員との雇用契約や顧客との契約をする必要があります。譲渡対価は通常は金銭の場合もあるし、買い手の株式等金銭以外の対価の場合もあります。
レーマン方式
M&Aの成功報酬の計算方法で、取引金額(株式譲渡金額、事業譲渡金額、増資金額等)に応じてパーセンテージを掛けて報酬を計算する方法になります。
リストラクチャリング
リストラクチャリングは、成長戦略の中で不採算部門の事業縮小や撤退、統廃合といった不採算事業などの整理とともに、成長事業や高収益事業へ経営資源を集中することをいいます。
メザニンファイナンス
企業の資金調達手段の一つで、ローンや普通社債等による「デットファイナンス」と、株式等による「エクイティファイナンス」の中間に位置するファイナンス手法をいいます。
デットファイナンス
企業にとって最も一般的なファイナンス手法であり、主なポイントとして以下が挙げられる。
エクイティファナンス
新株発行を伴う資金調達のことであり、企業のエクイティ(株主資本)の増加をもたらす資金調達のことをいいます。
秘密保持契約(NDA)
取引を行う際などに締結する、営業秘密や個人情報など業務に関して知った秘密を第三者に開示しないとする契約。機密保持契約、守秘義務契約ともいう。
デューデリジェンス(DD)
M&Aを実施するにあたって、M&A対象について詳細に調査することを指す。
事業・財務・法務・人事・システム・環境等対象会社の特性に応じて種々の調査を行うことをいいます。
ノンネームシート
秘密保持契約を締結する前の段階で買い手候補企業に提示する資料になります。具体的に会社が特定できる情報は記載しません。
バリュエーション
株式や投資の価値計算や、事業の経済性評価のことをいいます。コストアプローチ、インカムアプローチ、マーケットアプローチなどのアプローチ方法などがあります。